ボードゲーム定例会レポート
2012/3/11
『あらいとすたっふ&Door3月定例会』


今回の定例会の参加者。13人



まずは『ホプラディホプラタ』

いわゆるバースト系のダイス系ゲーム。
従来のバースト系に比べるとバースト率が高い割に
役が気軽に作れるのでついつい振ってしまいます。
後、このゲームの特徴として、
途中でゲームを降りると途中までの役がそのまま次の人に移ってしまうので、
高得点大逆転のチャンス(バースト率も高くなるけどね)


次は『ノブナガ』

信長の家臣となって各地どこを攻め落とすかを選ぶゲームです。
NPCの信長より得点が低いと打ち首になって失格してしまうので要注意。


お次は『マンマミーア・プラス』

具を集めてピザを作っていくカードゲームです。
どんな具が出てきたかを覚えるのかが重要ですが、
具が集まるのを待っていると先にレシピを置かれてしまうので
殆ど見切り発車でレシピを置かないと勝てません。


お次は『サンファン』

おなじみ『プエルトリコ』のカードゲーム版。
プエルトリコよりお手軽感がありますが、
運の要素があったり、商品の価格が変動したりで
なかなか侮れません。


お次は今回のメインイベント『看板娘(拡張版)』

行商して偶像を集めるゲームです。
今回はこれを2セットで行う『拡張版』でプレイ。
2卓に分かれて二つのボードを行き来して像を集めるんですが、
二つのボードは各独自のターンで進む上、
誰かが像を揃えた時点でゲーム終了なので、
下手に長考なんてしようものなら、となりのボードがどんどん進行してしまい
えらいことにw
また、信仰によっては一方のボードに人が集まってしまい、
片方では一人が
「ここからはずっと俺のターン」状態にw
なんというカオスなゲーム。


お次は『モダンアート』

おなじみ競りゲー。
様々な競り形式があるので
競りゲーの基礎をやるならオススメです。



それではまた来月。


戻る

inserted by FC2 system