ボードゲーム定例会レポート
2012/4/15
『あらいとすたっふ&Door4月定例会』


今回の定例会の参加者。12人



まずは『サメ警報』

変形神経衰弱のようなカードゲーム。
カードの種類自体はサメとイルカの二種類しかないというのに・・・
なぜこんなシンプルなコンポーネントで、よく出来たゲームです。
『ゴキブリポーカー』といい、この作者は侮れん。


お次はダイスゲー『シンシナティ』

ダイスでポーカーのような役を作って得点を競い合うゲームです。
場によっては役に条件があったり、振りなおしルールが面白かったり
決闘ルールがあったりと、
うむ、いままで色んなダイスゲーをやりましたが、
白熱度はこれが一番かもしれません。


お次は『オーストラリア』

オーストラリアを開発したり自然保護したりする、陣取り要素の強いゲーム。
同じエリア内で開発と自然保護の得点条件が違うので、
うまくやらないと他の人の方が得点になってしまうので、
配置の見極めが重要です。


お次は『アルカディアの建設』

建物を建設して得点を稼ぐゲームです。
と、いうと先のオーストラリアと陣取り要素が似ているんですが
大きく違うのは得点の変動があるのと、
得点を稼ぐタイミング
を自分で選べること。
だから自分の陣地の価値が高まったタイミングを計って得点を稼ぐ必要がありますが、
かといって及び腰でいるとせっかくの得点チャンスを逃すことに・・・


お次は『ナイアガラ』

川の流れに乗って、時には逆らって
宝石を集めていくゲームです。
プレイ人数が少ないと宝石が集めやすいですが、
かといって油断すると
「あーっ!!!」


と、ここで時間、

それではまた来月。


戻る

inserted by FC2 system